SCC Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 北関東めぐりとE233系めぐり

<<   作成日時 : 2014/03/23 12:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ふと時間ができたので、今回の改正で個人的に気になったところを見てきました。

 
画像

 ▲上野にて

 前夜(深夜)に座席空いているかなと思ってネットを見ていたのですが、気がついた時にはロザのチケットを購入していました。常磐時代(いまも走っているけど)には乗ることができなかったので、良い機会になりましたが・・・。

 
画像

 ▲連結器

 バネが黄色のものに交換されていました。

 乗り心地は初動以外は快適! 常磐線の時ほど飛ばさないのもあるとは思いますが、走行音と座席もあいまってあっという間に新前橋へ。高崎線から富士山が見えたのはなんだかラッキーでした。ここから両毛線へ乗換え。

 1時間半かかるので行違いによる待ちがあるのかな?と思っていたら桐生で少しあったぐらいであとは快走!
 115系ののりごこちで半分は夢の中でした。

 
画像

 ▲宇都宮にて

 宇都宮は様変わりしており、205系が数本留置されているのと、ホームにも入ってくるのは205系。
 セラジェットはM車についてるようです。

 
画像

 ▲205系600番代台車(DT50D)

 すっかりステンレス車ばかりになった宇都宮ですが、そこにさらなる新入りがやってきました。

 
画像

 ▲EV301

 とりあえず取材をしますが、時間がないのと床下は片側のみでリベンジしないと・・・。
 その中でも気になった点を数点。

 
画像

 ▲EV301運転台

 速度計は液晶ではなかったです。また電装系はMON22と記されていました。

 
画像

 ▲EV301外板

 sustina採用の車体とのことでしたが、あくまで外観は帯板・幕板などに別れており、これまでの構造と似通っています。板どうしの合わせ部もシーリングしてありました。また、トイレ部と運転台部の戸袋点検蓋が外側からのアクセスとなっています。

 
画像

 ▲EV301車内

 車内のかもい部は東急5576号車であったようなロールバーや点検蓋はなく、従来の構成を踏襲したようです。ただし、断面としてみたときには5576号車に似ているという印象でした。

 
画像

 ▲EV301側引戸

 窓は1枚ガラスでボンディング施工、内装デコラはなく、戸当りゴムが黄色でした。

 
画像

 ▲宝積寺にて

 烏山まで行くと時間を要するので今回は電化区間のみ乗りました。なので「電車」でした・・・という感想しかありません。

 ここから一気に南下します。目的地は赤羽。
 E233系は登場から7年が経ち、番代も使い切るのではないかという勢いで増えています。これらは京浜東北線に乗ることですべて出会うこと(並ぶということはないです)ができることに気が付き、いい機会なのでめぐってみることにしました。

 
画像

 ▲E233系1000番代

 今回の主役である京浜東北線です。83編成830輌は番代の中でも最多規模。在来線の旅客車両では同一形式同一番代でも同じことが言えるのではないかと思います(未確認)。

 
画像

 ▲E233系7000番代

 すっかり置き換わって、埼京線のイメージも変わったのではないでしょうか?

 
画像

 ▲E233系3000番代(タカ車)

 高崎線向けですが、東北線でも見られます。もはやE233系が来るとラッキーと感じるレベルですね。

 
画像

 ▲E233系並び

 赤羽駅で3系統の並びを狙いましたが、増えたとはいえ、なかなかタイミングが合いませんでした。

 
画像

 ▲E233系2000番代

 西日暮里で千代田線に乗り換えます。常磐緩行線用のE233系で地下鉄モードな番代ですが、これからは小田急に乗入れられるようにSR無線の取付工事中です。

 
画像


 ▲E233系0番代

 神田へやってまいりました。中央線で活躍中のE233系は営業開始が2007年3月ですからまる7年経過したことになります。このとき、青編成のことを思い出しましたが、会えない事実に気が付きました。今回は大目に見てください。
 
 
画像

 ▲神田駅にて

 E233系の中でも先輩格の離合です。中央線、京浜東北線ともに性格がことなる路線ですが、どちらでも使えるスタンダードな設計となっています。すべて網羅しているかどうかは別です。

 
画像

 ▲E233系3000番代(コツ車)

 東京駅に移動しました。東海道線用のE233系です。最初の2本だけ設計が異なる編成がいますが、あとはタカ車含めてほぼ同じだと思われます。ヨーダンパを装備していますが、その効果のほどは不明です。

 
画像

 ▲E233系5000番代

 京葉線用のE233系です。個人的に縁があまりないのですが、京葉線のスラブ軌道を弾みながら走っていた103系と比較するとかなり改善されたのではないかと思います。103系だと舞浜から夢が覚めてしまう感じでしたね・・・。

 
画像
 
 ▲E233系6000番代

 寄り道していたらすっかり暗くなってしまいました。横浜線用のE233系です。個人的な感想ですが、E233系は2色帯か濃い色の帯が似合うのではないかと思っています。

 ここまで見てきましたが、そのうち南武線用の8000番代が登場する予定です。その時には追補としてやろうと思います。また、相鉄11000系や都営10-490F〜、小田急4000形など、親戚のようなグループも居ますので、これも追々・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北関東めぐりとE233系めぐり SCC Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる