アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
SCC Diary
ブログ紹介
zoom RSS

北陸三回

2014/09/22 01:23
 今年は北陸方面にご縁があったようです。

 まず行ったのは富山です。この時は往復エアーでした。久々のNHで飛びました。

 
画像

 ▲立山付近にて

 そう、立山アルペーンルート・・・を超えたかったですが
 今回の目的は↓

 
画像

 ▲宇奈月温泉にて

 会ってきました、というより追いかけてきました。

 
画像

 ▲稲荷町にて

 その他、代表的な地鉄電車を堪能してきました。

 
画像

 ▲岩峅寺にて

 下り坂ですが、ちゃんと乗りました。回生は切れてました。

 
画像

 ▲西魚津にて

 JRもそこそこに撮影していました。この駅、宇奈月温泉からの折返し列車があるのですが一度その姿を見てみたい・・・。

 
画像

 ▲小松にて

 さて、日は変わって夏のさなか、今年は夏のイベントを後輩に任せ、行ってみたかった松任へ。やはり往復JLでお安く行きました。

 
画像

 ▲松任工場にて

 
画像

 ▲クハ681先頭部床下

 681系をじっくりと観察できたのは収穫でした。

 
画像

 ▲金沢総合車両所

 お目当ての681系試作車は側線の奥のほうでした。しかし見ている間にパン上げしていました。出てくるまでは居られなかった・・・。

 
画像

 ▲上越国際スキー場前にて

 さらに日はかわり、9月に入ってからほくほく線へ行ってきました。

 
画像

 ▲まつだいにて

 列車が運休になるアクシデントもありましたが、レンタカーを駆使して機動力のある撮影ができました。

 
画像

 ▲直江津にて

 この日のTREは団体貸切による臨だったようです。

 
画像

 ▲直江津にて

 仲間と別れてそのまま新潟へ。人生初の出張での新潟入りですw

 
画像

 ▲直江津にて

 681系にお別れをして、485系で新潟を目指します・・・真っ暗ななか2時間。

 
画像

 ▲新潟にて

 これは私の知っているE653系ではありませんw 彼はもう過ぎ去ったのです・・・。
 翌日も半日余裕がありましたので新潟駅周辺で屋根の撮影やホームで機器の取材をします。

 
画像

 ▲新津にて

 友人が託してくれた資料を元にT13やT18も効率的に撮影することができました。
 この後、やはり鉄道漬けの出張をこなして、長岡へ。

 
画像

 ▲長岡付近にて

 朝早く起きて、駅周辺で狙います。

 
画像

 ▲長岡付近にて

 これって、高崎あたり行けばまだまだみれるのでは?

 
画像

 ▲長岡付近にて

 115系も変なのがいっぱい居ます。長野色もいるのでカラーリングは多種多様です。

 
画像

 ▲長岡付近にて

 この車輌も好きなんですが、時代とともに数を減らしそうですね・・・。

 681系を取材しにいかねば・・・。

 
記事へトラックバック 0 / コメント 500


E653系 K302ヘセ 改造日記06

2014/08/02 23:41
 タイトルとは少し異なりますが、E751系を一次落成としました。

 
画像

 ▲A-101編成

 「はつかり」や「つがる」の初期の頃の姿が好きなので、スカートなども登場当初のタイプにしています。

 
画像

 ▲パンタまわり

 屋根上は青森まで取材に行った時の結果を反映。パンタグラフはKATOのE531系用としました。

 
画像

 ▲前頭部@

 車体肩からのラインが運転台横まで伸びるようにしました。
 青帯をデカールで表現したけど、滲んでしまった・・・。

 
画像

 ▲前頭部A

 信号炎管などの切欠き部の形状や、換気扇ダクトなどを加工しています。

 クロハの窓配置や床下機器が未着手です。
 床下機器はE657系のものを流用しています。ライトユニットを光ファイバーで導光し光らせています。

 さて、今回突如、走れる状態に持ち込んだのはある集まりで「準備工事」がテーマとなったため、同形式の屋根上にあるブレーキ抵抗器搭載脚を持った同車にしたところです。
 間に合うかどうか微妙だったので、もういち形式加工しました。

 
画像

 ▲125系

 
画像

 ▲中間扉準備工事

 動力換装やパンタグラフ交換、車高調整を行っています。

 次のテーマ・・・難しいんだよなぁ
記事へトラックバック 0 / コメント 500


天気のよい日々に

2014/05/12 00:07
 寒いのが苦手な私にとって、待望の季節がやってまいりました。
 朝から清々しくて気持ちがいいですね。

 
画像

 ▲柚木にて

 連休はじめは静岡へ。行き来とも富士山がきれいでした。イベント会場を後にして新たに出来た跨線橋を渡ると静岡車両区を見渡すことができるようになっていました。

 
画像

 ▲静岡車両区

 
画像

 ▲蒲田〜蓮沼にて

 
画像

 ▲蒲田〜蓮沼にて

 1503Fが試運転を行っており、少し動きがありそうなので撮影に出かけました。

 
画像

 ▲荏原中延〜旗の台にて

 
画像

 ▲旗の台にて

 1013Fも集電装置が交換されているのですね。冷房制御装置については他の1000系の編成も更新されており、驚きました。

 
画像

 ▲多摩川にて

 こちらはあまり傾注できなかった目黒線。いろんな謎が残っています。

 さて、満足に写真も撮ってませんが、1503Fの調査結果を修正しましたのでアップします。
 http://nisi-segawa.dip.jp/~scc/tokyu/1503Fr12.pdf
 
記事へトラックバック 0 / コメント 2


北関東めぐりとE233系めぐり

2014/03/23 12:46
 ふと時間ができたので、今回の改正で個人的に気になったところを見てきました。

 
画像

 ▲上野にて

 前夜(深夜)に座席空いているかなと思ってネットを見ていたのですが、気がついた時にはロザのチケットを購入していました。常磐時代(いまも走っているけど)には乗ることができなかったので、良い機会になりましたが・・・。

 
画像

 ▲連結器

 バネが黄色のものに交換されていました。

 乗り心地は初動以外は快適! 常磐線の時ほど飛ばさないのもあるとは思いますが、走行音と座席もあいまってあっという間に新前橋へ。高崎線から富士山が見えたのはなんだかラッキーでした。ここから両毛線へ乗換え。

 1時間半かかるので行違いによる待ちがあるのかな?と思っていたら桐生で少しあったぐらいであとは快走!
 115系ののりごこちで半分は夢の中でした。

 
画像

 ▲宇都宮にて

 宇都宮は様変わりしており、205系が数本留置されているのと、ホームにも入ってくるのは205系。
 セラジェットはM車についてるようです。

 
画像

 ▲205系600番代台車(DT50D)

 すっかりステンレス車ばかりになった宇都宮ですが、そこにさらなる新入りがやってきました。

 
画像

 ▲EV301

 とりあえず取材をしますが、時間がないのと床下は片側のみでリベンジしないと・・・。
 その中でも気になった点を数点。

 
画像

 ▲EV301運転台

 速度計は液晶ではなかったです。また電装系はMON22と記されていました。

 
画像

 ▲EV301外板

 sustina採用の車体とのことでしたが、あくまで外観は帯板・幕板などに別れており、これまでの構造と似通っています。板どうしの合わせ部もシーリングしてありました。また、トイレ部と運転台部の戸袋点検蓋が外側からのアクセスとなっています。

 
画像

 ▲EV301車内

 車内のかもい部は東急5576号車であったようなロールバーや点検蓋はなく、従来の構成を踏襲したようです。ただし、断面としてみたときには5576号車に似ているという印象でした。

 
画像

 ▲EV301側引戸

 窓は1枚ガラスでボンディング施工、内装デコラはなく、戸当りゴムが黄色でした。

 
画像

 ▲宝積寺にて

 烏山まで行くと時間を要するので今回は電化区間のみ乗りました。なので「電車」でした・・・という感想しかありません。

 ここから一気に南下します。目的地は赤羽。
 E233系は登場から7年が経ち、番代も使い切るのではないかという勢いで増えています。これらは京浜東北線に乗ることですべて出会うこと(並ぶということはないです)ができることに気が付き、いい機会なのでめぐってみることにしました。

 
画像

 ▲E233系1000番代

 今回の主役である京浜東北線です。83編成830輌は番代の中でも最多規模。在来線の旅客車両では同一形式同一番代でも同じことが言えるのではないかと思います(未確認)。

 
画像

 ▲E233系7000番代

 すっかり置き換わって、埼京線のイメージも変わったのではないでしょうか?

 
画像

 ▲E233系3000番代(タカ車)

 高崎線向けですが、東北線でも見られます。もはやE233系が来るとラッキーと感じるレベルですね。

 
画像

 ▲E233系並び

 赤羽駅で3系統の並びを狙いましたが、増えたとはいえ、なかなかタイミングが合いませんでした。

 
画像

 ▲E233系2000番代

 西日暮里で千代田線に乗り換えます。常磐緩行線用のE233系で地下鉄モードな番代ですが、これからは小田急に乗入れられるようにSR無線の取付工事中です。

 
画像


 ▲E233系0番代

 神田へやってまいりました。中央線で活躍中のE233系は営業開始が2007年3月ですからまる7年経過したことになります。このとき、青編成のことを思い出しましたが、会えない事実に気が付きました。今回は大目に見てください。
 
 
画像

 ▲神田駅にて

 E233系の中でも先輩格の離合です。中央線、京浜東北線ともに性格がことなる路線ですが、どちらでも使えるスタンダードな設計となっています。すべて網羅しているかどうかは別です。

 
画像

 ▲E233系3000番代(コツ車)

 東京駅に移動しました。東海道線用のE233系です。最初の2本だけ設計が異なる編成がいますが、あとはタカ車含めてほぼ同じだと思われます。ヨーダンパを装備していますが、その効果のほどは不明です。

 
画像

 ▲E233系5000番代

 京葉線用のE233系です。個人的に縁があまりないのですが、京葉線のスラブ軌道を弾みながら走っていた103系と比較するとかなり改善されたのではないかと思います。103系だと舞浜から夢が覚めてしまう感じでしたね・・・。

 
画像
 
 ▲E233系6000番代

 寄り道していたらすっかり暗くなってしまいました。横浜線用のE233系です。個人的な感想ですが、E233系は2色帯か濃い色の帯が似合うのではないかと思っています。

 ここまで見てきましたが、そのうち南武線用の8000番代が登場する予定です。その時には追補としてやろうと思います。また、相鉄11000系や都営10-490F〜、小田急4000形など、親戚のようなグループも居ますので、これも追々・・・。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


1501F 1504F甲種

2014/03/13 00:25
 先月の1503Fにつづいて1501Fと1504Fの甲種輸送を見てきました。

 
画像

 ▲1501号車

 
画像

 ▲1501F・1504F

 八王子駅で朝から取材をしてきました。この写真を撮ったあとタンク列車にかぶられてしましました・・・。

 
画像

 ▲左1501F・右1504F

 そんなこともあろうかと、早めに家を出て入換作業の前から取材しておりました。
 推定ですが、1001Fと1004Fからの改造だと思われます。前回の1503Fは1003Fから。
 中の人もこの方が管理しやすいですよね。

 
画像

 ▲1501床下

 床下機器の準備工事となっている部分を発見しました。このあと長津田周辺で機器を積んだトラックと遭遇するわけですが、ここの機器だったのかな?1503Fもついていなかったし。

 
画像

 ▲1501号車

 帯部に凹みがあったのか、パテ補修されていました。

 
画像

 ▲1604接触器箱

 デハ1600の接触器箱は元々Tc1についていたものを移設したようです。

 
画像

 ▲八王子駅にて

 退役の迫る205系と新たな活路を見出した東急車。

 
画像

 ▲長津田検車区にて

 成瀬駅から歩いて長津田検車区へ。1503Fは前日より車体帯の貼付け作業が行われていました。
 そして、ROMのローディングが行われていたのかバージョン情報が流れていました。

 
画像

 
画像

 
画像

 ▲行先表示器

 
画像

 ▲1604屋根上(起点方)
 
画像

 ▲1604屋根上(終点方)
 
 パンタの基台の延長が既存と新設で少し違うようです。
 1501Fと1504Fの追っかけはここまで。

 
画像

 ▲5103F空調

 
画像

 ▲5103F前照灯

 5103Fの空調がCU708-1→CU708-2へ載せかえられていました。また前照灯もHID→LEDへ変更されています。

 
画像

 ▲長津田工場にて

 恩田詣でをしてきました。いろんな車種がいて賑やかでした。9112の助手席側ガラスを交換しているようでした。
 そして5109Fが出場待ちのスタンバイ状態。

 
画像

 ▲藤が丘にて

 田園都市線沿線に先回りして待ちます。
 待っている間に8606Fと8642Fが目の前で並ぶというなかなかアツい瞬間に出会うことができました。

 
画像

 ▲5109F試運転

 本命は前列車の影響で少し遅れてやってきました。

 
画像

 ▲つきみ野駅

 最後につきみ野駅のホームゲートを見てきました。システムの構成はなるべくシンプルになるように構成されていました。すでに10輌分が稼働していました。


 さて、今回もまとめ資料を作ってみました。
 http://nisi-segawa.dip.jp/~scc/tokyu/1501F1504Fr10.pdf

 そして前回の1503Fの修正分です。
 http://nisi-segawa.dip.jp/~scc/tokyu/1503Fr11.pdf
記事へトラックバック 0 / コメント 2


1503F甲種

2014/02/12 22:04
 1503Fを追う旅、2日目です。

 
画像

 ▲1503号車

 昨夜はなんらかのアクシデントがあったようですが、八王子には到着していました。
 八王子の作業開始は9:00ですので、間に合うように向かいます。
 案の定、一番南側とその隣に分けて留置されていましたので、近づいて詳細を取材します。

 
画像

 ▲1703号車海側床下

 保安装置ですが、唯一1703号車の海側床下にまとまった空きがあります。この辺にデヤよろしく、5050系から降ろしたATCの機器箱がこないかなぁ。

 
画像

 ▲TS1007

 日比谷線の先頭車には信号受電感度向上のため踏面清掃装置がついていましたが、今回の改造で撤去されています。

 
画像

 ▲1603号車屋根上

 屋根上の雪も少し溶けたようです。

 今日調べてわかったこともありますので、少し更新しました。
 http://nisi-segawa.dip.jp/~scc/tokyu/1503Fr11.pdf
記事へトラックバック 0 / コメント 2


1503F出場

2014/02/11 22:45
 長らく改造のためJ-TRECに入場していた東急1000系が出場しました。回送12輌のうち3輌が改造車となっております。
 
画像

 ▲逗子駅にて

 帯シールは剥がされています。

 
画像

 ▲デハ1603号屋根上

 シングルアームパンタグラフのダブルパンタ化がおこなれています。

 簡単にまとめてみました。
 ↓
 http://nisi-segawa.dip.jp/~scc/tokyu/1503F.pdf
記事へトラックバック 0 / コメント 3


続きを見る

トップへ

月別リンク

SCC Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる